ようこそ、野尻多佳子公式ウェブサイトへ

野尻多佳子

新着情報

2016 ピアノ物語 秋 NEW
今年は長い夏の後に季節の繊細な変化を楽しむ間もなく、秋がいきなり深まって来たような感じが致します。
先日、久しぶりに東京ウィメンズプラザでのライブコンサートを行いました。
ここしばらくMCを入れたコンサートを行っていませんでしたので少し心配もありましたが、暖かい雰囲気の中でとても楽しい時間となりました。
これは、ちょっと嵌りそうです…(笑)
改めてコンサートそのものが、スタッフ、会場、楽器、音響、そして聴衆の方々と作り上げる一つの作品なのだと思いました。
これからも暖かく、心のこもったコンサートをお届けできたらと思います。

次回は2016年11月5日原宿のアコスタジオでのライブコンサートです。深い秋の中でロマン派の世界に、さらに思いを深くした時間を持てたらと思っております。
お聞きいただけると幸いです。

野尻多佳子

なお、2016 ピアノ物語 秋part2の曲目は以下のように変更になります。
子供の情景 op.15   ロベルト・シューマン
ソナタ「月光」op.27-2 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
アラベスク op.18 ロベルト・シューマン
悲しみの園 op.52 エルッキ・メラルテイン
野尻多佳子ピアノリサイタル 如月 音幻想 2017 NEW
野尻多佳子ピアノリサイタル
如月 音幻想 2017
とき:2017年2月25日 (土)
19:00開演(開場:18:30)
ところ:紀尾井ホール
全席自由:4,000円(税込)

【曲目】
シューマン:子供の情景
ショパン:ソナタ 第2番 変ロ短調
リスト:ソナタ ロ短調
シルヴェストロフ:「2つの小品(‘ベネディクトゥス’‘サンクトゥス’)」

注:曲目は都合により変更になる場合がございます。
チケットはオーパスワン 042-313-3213までお問い合わせ下さい。
リサイタルのご案内
Klavier-Geschichte-Herbstteil 1
Takako Nojiri カジュアルコンサート  “ピアノ物語 秋 Part1”

2016 9.22祝 14:00開演(13:30開場)
東京ウィメンズプラザ・ホール
Program
シューマン:子供の情景op.15
Schumann: Kinderszenen
ベートーヴェン:ソナタ「月光」
Beethoven: Sonate “Mondlicht”
ショパン:ノクターン 嬰ハ短調 遺作
Chopin: Nokturne cis moll KK.IVa Nr.16
リスト:ため息
Liszt: Sospiro
メラルティン:悲しみの園
Melartin: Der Traurige Garten


東京ウィメンズプラザ B1ホール
東京都渋谷区神宮前5-53-67
Tel:03-5467-1711
アクセス
JR「渋谷」駅宮益坂口より徒歩12分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅B2出口より徒歩7分
全席自由 ¥3,000
文化発信促進委員会(シスペック/CSPC)
〒108-0014 東京都港区芝5-29-22-403
Tel:03-3455-6881 Fax:03-3455-6883 (スペース株式会社内)
E-mail: info@space-cultural-exchange.com
URL: http://www.space-cultural-exchange.com

Klavier-Geschichte-Herbstteil 2
Takako Nojiri カジュアルコンサート  “ピアノ物語 秋 Part2”

2016 11.5土 14:00開演(13:30開場)
アコスタディオ・ホール
Program
シューマン:アラベスク
Schumann: Arabeske
ブラームス:ソナタ第3番より アンダンテ
Brahmus: Sonate Nr.3 Andante
ショパン:ノクターン 嬰ハ短調 遺作
Chopin: Nokturne cis moll KK.IVa Nr.16


アコスタディオ BFホール
東京都渋谷区神宮前1-23-27
Tel: 03-3408-4541
アクセス
JR「原宿」駅竹下口より徒歩2分
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前〈原宿〉」駅2番出口(JR口)より徒歩5分
全席自由 ¥3,000
お申し込み・お問い合わせ
文化発信促進委員会(シスペック/CSPC)
〒108-0014 東京都港区芝5-29-22-403
Tel:03-3455-6881 Fax:03-3455-6883 (スペース株式会社内)
E-mail: info@space-cultural-exchange.com
URL: http://www.space-cultural-exchange.com

2016年3月5日(土)[18時30分開場]19:00開演のリサイタルの案内
野尻多佳子 ピアノリサイタル "3月へ のレクイエム"
会場:サントリーホール 大ホール
[全席指定]
  • S席 4,000
  • A席 3,000

  • 後援:現代和風を楽しむ会
    マネジメント・お問い合わせ:オーパス・ワン 042-313-3213

    【その他取り扱いプレイガイド】
    サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(10:00~18:00)
    チケットぴあ 0570-02-9999 t.pia.jp 【Pコード 270-129】
    東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 t-bunka.jp
    カンフェティ 0120-240-540 confetti-web.com

    [Program]
    L.v.ベートーヴェン: Ludwig van Beethoven:
    ソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2「月光」 Sonate Nr.14 cis-moll Opus 27-2 Mondschein
    ソナタ第21番 ハ長調 作品53「ヴァルトシュタイン」 Sonate Nr.21 C-Dur Opus 53 Waldstein
    S.バーバー: Samuel Barber:
    ソナタ 変ホ短調 作品26 add パレストリーナ「悲しみの聖母=野尻多佳子編曲」
    Sonata in E-flat minor Opus 26 add Giovanni da Palestrina Stabat Mater=arr. Takako Nojiri 他

    ご案内

    2016年3月という最も美しい季節にサントリホールでリサイタルを行う事になりました。全く

    無名の私にとってサントリーの、しかも大ホールでのリサイタルを行うという事があるなんて

    、本格的に音楽活動を始めた2001年には思いもしませんでしたが、いろいろな方々の応援に支

    えられて、ピアニストとしての幸せに恵まれました。ただただ感謝です。

    3月という春の希望に溢れた日がずっと続くように「Forever”(永遠に)」とタイトルをつけま

    した。

    前半はベートーヴェンの2つのソナタを演奏します。両者は聴力を失うという致命的な病に侵さ

    れたベートーヴェンが書いた、「ハイリゲンシュタットの遺書」の前と後に書かれています。

    全てを乗り越えた彼の見事な再生の軌跡です。そして後半は20世紀のアメリカの新ロマン主義

    の作曲家バーバーが第二次世界大戦の後で書いたソナタ、この曲は作曲技法に関しての記述は

    いろいろありますが、この曲を書いた背景に関してはあまり知られていません。ただ、戦後間

    もない時期に書かれたという事と、ロシア人のピアニストホロヴィッツが初演しているという

    事から、バーバーの世界観が垣間見える気がします。そのソナタと16世紀ルネサンス後期の作

    曲家パレストリーナの「スタバトマーテル(悲しみの聖母)」を題材に、思い切って自由な音

    楽表現をしてみたいと思います。

    今回のピアノはベーゼンドルファーインペリアルを使用します。

    私は実はピアノという楽器に対してマニアックでして、演奏したピアノの種類(製造年代も含

    めて)は数知れず、また、所有したことのある楽器も自分でもあきれた多さです。それぞれの

    楽器の「声」が聞こえ出すと心がときめいてしまいます。現在はベーゼンドルファー、ニュー

    ヨークスタインウェイ、1935年製のベッヒシュタインと、「3人」のみに落ち着いていますが

    ・・・。

    その大好きなベーゼンドルファーの、文字通り最大のインペリアルで演奏できるのも嬉しいこ

    とです。ベートーヴェンの活躍したWienで生まれた楽器です。

    そしてこのリサイタルを2011年3月11日東日本大震災、1945年3月10日東京大空襲、3月に起こ

    った2つの大きな悲しみへのレクイエムとしたいと思います。この世紀が希望と夢に満ちた世界

    であることを祈りつつ…。